「出会いの数」じゃなく「体験の数」が決め手

「出会いの数」じゃなく「体験の数」が決め手

たとえ何千人の「結婚を真剣に考えてる人」に会ったとしても、「初めまして、○○です」って

自己紹介だけを繰り返してたら、結婚へは辿り着けないよね。

婚活を成功させるポイントは、出会いを通していろんなことを体験していくこと。

例えばお見合いやパーティーで知り合った人ともう少し踏み込んで一緒に食事をしてみるとか、

デートに出かけてみるとか。

1対1で会ってみると初対面の時の印象といい意味で違ったりするし、そもそも2人だけで

じっくり話すことで相手の人となりがよく分かったりするよね。

もちろん、自分がどんな人間なのかも相手にしっかり伝わるし。

わたしの友達で「1対1で会うのは、ハンサムで自分のタイプの人じゃなきゃイヤ!」

って子がいるけど、それってすごく損してると思う。

そもそもそんな人に出会える可能性自体が少ないし、いくら自分が気に入っても相手に

気に入ってもらえるか分かんないよね(笑)。

それに恋愛する相手を探すならまだしも、結婚する相手にはもっと別のことを求めるべきだと思う。

例えば誠実な人か、とか家庭的な人か、とか。

中には「生理的に受け付けられない人」ももしかしたらいるかもしれないけど、とりあえず

いろんな人といろんな体験をしてみて、自分の視野を広げていくことが大切だと思うよ。

婚活、始めてみたけれど・・・

20代後半の会社の後輩が、先日「婚活開始」を宣言。

ところがそれからしばらくして、「思い通りにいかない」と意気消沈。

彼曰く「理想の相手を探そうにも、そもそも異性に出会う機会がない」。

「じゃあ誰かにいい人紹介してもらったら?」と言うと、

「自分の希望と合わないかもしれないじゃないですか」とのこと。

「だったら結婚情報サービスとか結婚相談所を利用したら?」とアドバイスすると、

「だってそれって、結婚できない人が利用するものでしょう」と彼。

確かに以前はそんなイメージも少なからずあったけれど、今は「出会いのチャンスを増やす手段」

として気軽に利用してる人が多いっていうし・・・。

特に結婚相談所の場合、婚活に関しての悩みは専任のアドバイザーが相談に乗ってくれるし、

相手の紹介から結婚に至るまで、それぞれの段階できっちりサポートしてくれるらしい。

それに相手を探す際、コンピュータによるマッチングで紹介相手が決められるから、

理想の相手(気の合う相手)に巡り会いやすいのも魅力。

彼みたいに仕事が忙しくてあんまり時間が取れない人や、「結婚相手はあーでこーで」なんて

好みにうるさい人(笑)には、こうゆうサービスがぴったり!

さっそく結婚相談所に登録して、「また婚活頑張る!」と彼。

今度こそ成功しますように・・・。

ひざ上脱毛