メールの文面に要注意

メールの文面に要注意

とある結婚相談所のパーティーで知り合い、その後もメールでやりとりしてる女性がいると、

クラス会の席で話していたKくん。

後日駅でバッタリ会ったので、その彼女との近況を訊ねてみたら、実は彼、最近その彼女を

怒らせてしまったんだそう。

どうやらその原因は、彼が送った返信メール。

「気に障るような文面だったんじゃないの?」と訊いてみたら、「そんなことないよ」と、

彼はどうして彼女を怒らせてしまったのかまったく分からない様子。

ちなみに彼女のメールの内容とは、

「先日行ったイタリアンレストランでパスタを頼んだら、メインのベーコンよりサイド的存在の

ナスの方が多かった」ってゆう、ある意味どうでもいい話(笑)。

でも、問題は彼の返信メール。

「ベーコンはカロリー高いし、少なくて逆に良かったんじゃない?」って書いたらしい・・・。

わたしが思うに、彼女はきっと彼に同意してほしかったと思うの。

だって女性の場合、基本的にメールは「感情や感動を共有してもらうツール」だと思ってるからね。

だから彼は「それは残念だったね」とか、「じゃあまた今度、僕と一緒に行きましょう。

そして僕のベーコンを君にあげるね」とか、同意とフォローをするべきだったんじゃないかな。

わたしの意見を聞いたKくんは、さっそく彼女にフォローのメールを送信。

メールさえうまく書けない人が、婚活で成功するワケないもんね。

Kくんはもっと、女性の気持ちを理解するべきだと思うよ~。

パーティーパーティー

「押しの強さ」が決め手!?

「心から愛してる人」と結婚するのが理想だけど、そもそも

「心から愛せる人」に巡り会うこと自体が難しいこの頃。

それに、「好き」って気持ちを優先して結婚しても、残念ながら今後の結婚生活が幸せかどうかは

分からないよね。

なんだかんだ言って、女性は結婚する相手にある程度の経済力を求めるものだし・・・。

だから「気持ちを取るか、生活を取るか」は、けっこう多くの女性が悩んだりすると思う。

わたしの友達には、最初は好きじゃなかった(でも経済力はあった)彼と結婚して、

幸せな結婚生活を送ってる子がけっこう多い。

ちなみに彼女たちの旦那様には共通点があって、みんな「押しが強い」ってこと。

ちなみに「押しが強い=強引」ってことではなくて(だいたいの女性は強引な男性は苦手だと

思う)、決断力があって引っ張ってってくれるってことね。

いくら肉食系の女子が増えたとは言え、やっぱり女性は心の底では男性に頼りたいもの。

2人の関係性において何かを決定したり決断したりしなくちゃいけない時、相手がスムーズに

それをしてくれると、それだけで彼の株はグンとアップ!

「こんなに頼りになる人だったんだ・・・」って女性はきっと見直してくれるハズ(

わたしの友達もこのパターン)。

気になる女性から異性として見られてない男性は、「押しの強さ」をアピールしてみると案外

うまくいくかも!?

横浜 お見合いパーティー